支部活動について
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
地域で支えあう福祉活動
ボランティアを中心に、地域の見守りなどを行う、地域福祉事業をすすめ、
市民がお互いに支えあい、助けあう運動を行っています。地域福祉活動の
中心となるのが支部活動です。市内を15地区に分けて社協支部を結成し、
様々な活動を展開しています。
見守り活動
家の中に閉じこもりがちになったり、人とのつきあいが少なくなったりする傾向
があります。万一の事故などで助けが必要なとき、本人だけでは連絡ができず、
発見が遅れて大事にいたることがあります。そのため、援助を必要とする方を
地域で温かく見守り支えていく必要があります。支部では、支部役員や地域
ボランティアを中心とした「見守り活動」をおこなっています。「見守り活動」は、
住民同士の安心の絆を育み、信頼関係をきずきます。
「福祉ネットワークづくり」
地域の中で援助が必要な方を見守るには、多くの方の支えが必要となります。
支部では、町内会、民生委員、地域ボランティア、老人会、隣近所、関係機関など
お互いに連絡を取り合あい協力して、見守り活動をおこなう「福祉ネットワークづくり」
をすすめています。
支部活動の紹介
支部では、さまざまな活動をおこなっています。
▼ 食事サービス 詳しくは>>
▼ 友愛訪問  詳しくは>>
▼ ふれあい・いきいきサロン 詳しくは>>
▼ 研修会の実施  詳しくは>>
▼ その他の活動   詳しくは>>
◆ 地域福祉委員の活動
地域ボランティアへの参加を呼びかけているのが地域福祉委員で各支部に
1名設置されています。
◎ 地域ボランティアとは?
ひとり暮らしの高齢者や高齢者だけの世帯は・・・・たくさんの不安をかかえています。
「介護が必要になった時、どこで誰がどのように介護してくれるのか?」
「急に体調が悪くなったとき、どうしたらいいのか?」
「悪質な訪問販売がよく来るので困っている」など
このような不安の中で生活を続けていると、精神的にも肉体的にも不健康となり、
認知症や寝たきりなどの原因にもなってしまいます。近隣の人たちによる、日ごろの
見守りや、声かけ、友愛訪問などは、高齢者の不安を取り除き、明るく住みよい
まちづくりの助けとなります。このような活動をしているのが「地域ボランティア」です。